「セントヘンス」アフィリエイト記事自動作成ツール!H2H3見出しも自動生成

2020年5月13日

「そんなツールで作った記事なんてすぐにスパム扱いされて終わりでしょ!」・・・でも実際は・・・
①記事を作りたいキーワードを入力して
②作成ボタンを押すだけで
③キーワードに近い関連性のあるキーワードを山ほど詰め込み
④さらに見出しタグは関連ワードで埋め尽くされている

こんな
昨今のSEOを最大限に考慮した記事が

完全放置でおよそ10分間に1記事のスピードでどんどん作ってくれる記事自動生成ツールが完成しました。

無料版【ダウンロードはこちら】↓Windows限定です。

[senthenth]

機能限定ですが無料でお使いいただけます。

操作マニュアルはこちら

すべての機能を解除するにはパスワードをこちらからご購入下さい

必ず先にダウンロードして動作確認をお願いします。

「セントヘンス」無料版と有料版の違い

機能限定無料版(試用版) 限定解除有料版
保存先指定 指定可 指定可
インターバルタイマー設定 60秒固定 10~120秒の範囲で設定可
文字数設定 100文字固定 100~500文字の範囲で設定可
h2数設定 3個所固定 3~7個所の範囲で設定可
h3数設定 3個所固定 0~7個所の範囲で設定可
文章精度レベル 3固定 1~5の範囲で設定可
タイトル自動生成 自動生成に固定 自動生成する/しないを切替可
一度に作成できる記事数 1 100
除外ワード指定 変更可 変更可
指定文字列挿入(記事上部) 不可 挿入可
指定文字列挿入(記事下部) 不可 挿入可
指定文字列挿入(h2上部) 不可 挿入可
指定文字列挿入(h2下部) 不可 挿入可

一番大きな特徴として、

無料版では1回に1記事しか生成できません。パスワードを入力して解除していただくことで1度に100記事まで生成が可能になります。

その他、様々な機能が制限されています。

だいたい昨今のSEOは!
■上位表示するかどうかもわからないのにサイト作成に手間暇かけてられない

■記事を外注するにしてもそれなりに費用がかかる

■自動生成ツールを使ってみるものの日記のような文章(はっきり言って読める読めないはあまり重要じゃない)

じゃあ、自分で作ってみよう・・・

というのがこのツールを開発した経緯です。名前はセントヘンス。

センテンス(文章)
ヘンセイ(編成)
スプリンクラー(散りばめる)
を適当に組み合わせました。。

とりあえずペラサイトを立ち上げた時に入れるダミーコンテンツ記事を簡単に作る

というのが主要な用途ですが、、中規模サイトの構築にも使えます。これで100記事くらい作って1つワードプレスに全て入れて実験した結果・・・(製作期間1日)

週ごとなんで去年の10月からのデータですが、1年近くPVも安定し、未だにスパム判定も受けてないというのが現状です。(むしろ徐々に増えてます)

【セントヘンスの特徴】とにかく関連キーワードを盛り込んだツール

記事はタイトルと見出しが9割

こういう気持ちで作ったツールです。文章同士の繋がりはあまり良くないかもしれませんが、これはどのツールを使っても同じです。

実際に出来上がったサンプル記事はこちら

【大人ニキビ】タイトル&見出し自動生成あり

【大人ニキビ】タイトル&見出し自動生成なし

どちらも文中に、大人ニキビに関係のあるキーワードがこれでもかと入ってるのがわかると思います。

「こんなの読める文章じゃない!」

って感じられた当たり前の感性をお持ちなまじめな方は、多分このツールを使うべき方ではないですのでここでこのウィンドウは閉じられたほうがいいと思います。

記事コンテンツの中の文章にはそのキーワードに関連する周辺の言葉(共起語ワード)がたくさんあればそれでいい

という考え方をしています。

現段階では自動ツールは

「どんなに完璧なものを作ろうとしても読者を感動させたり有益だなと思わせるコンテンツを自動で作ることは不可能」

です。

それよりも読めない文章でも「そのジャンルで使われているキーワードや共起語がたくさん入るように工夫」してあります。

【記事自動作成ツール】セントヘンスの特徴

1,記事タイトルと見出しも自動で作成

キーワードごとに記事を作成することができます。
1回の操作で最大100記事の作成が可能です。

その際記事のタイトルと見出しは自動で生成されます。

もちろん、タイトルと見出しは関連キーワードのみで自動生成しないという選択も可能です。

2,見出しタグ!h2もh3も関連キーワードてんこ盛り

関連キーワードを駆使してh2h3にもしっかりとキーワードが入る構成になってます。

3,各記事の見出しの数とその中の文字数を指定可能

h2タグをいくつ作成するのか?
その中に含まれるh3タグをいくつ作成するのか?
それぞれの見出しの中に埋め込む文章を何文字にするのか?

を自由に設定することができます。

例:「h2を2つ」「h3を3つ」「文章を500文字」に設定した場合は下記のようになります

 

■記事タイトル

導入文章(500文字)

h2 (500文字)
├ h3 (500文字)
├ h3 (500文字)
├ h3 (500文字)

h2 (500文字)
├ h3 (500文字)
├ h3 (500文字)
├ h3 (500文字)

 

見出しの数を多くすればするほど記事作成に時間がかかりますがその分見出しや文字数の多い記事が出来上がります。

4,作成できるジャンルに制限なし

市販されている自動記事作成ツールだと脱毛や転職などのジャンルごとにテンプレートを購入する必要があったりします。

このツールは基本的にはどんなジャンルでも作成可能です。

基本どのようなキーワードでも作成することができます。ただしあまりにも検索回数が少ないキーワードなどは、かなり読みにくい文章になる可能性があります。

そしてアダルトなどに代表されるそもそもGoogleから関連キーワードが取得できないジャンルがあります。

それらのアダルト系・反社会系・センシティブ系など、そもそも関連キーワードが取得できないジャンルなので取得できるものに比べたら見出しを作成するキーワードの精度は落ちるとお考えください)

5,全ての自動生成記事に対して指定した文章・アフィリエイトリンクを挿入可能

例えばあなたが一つの商品につき50記事作成するとした場合、その商品のアフィリエイトリンクやキャッチコピーなどを

①記事の最上部
②記事の最下部
③H2タグの上
④H2タグの下

の四箇所に任意に設置することができます。

【記事自動作成ツール】セントヘンスはこんな方にオススメ

①「ASP親着商品の商標アフィリエイターの方」

かなりオススメです。
ASPの新着を確認してから30分後にはその商標のペラサイトを公開することができます。

その商標に対して全く関連キーワードがない状態の場合は、同じジャンルの商品ワードでまず記事を作成し、後ほどテキストを一括置換すればいいでしょう。

②「高額アフィリ報酬のジャンルを似たようなキーワードで大量に攻めたい」

そうは思っても一気に10サイト20サイトと作るのはものすごく大変ですよね。考えただけでもあとまわしにしてしまいそうです。

この場合はまずはこういったツール記事を全てのサイトに入れてください。要するにお店の外見だけ整えてオープンした状態にするのです。

オープンしてしまえば誰だって見せよう綺麗にするはずです。そこでどのお店から内装・デザインを整えていくのかを決定しましょう。

③「いつインデックスされるかわからない新規ドメインに対して最初から頑張って取り組めない」

昨今新規ドメインはかなりインデックスが遅いです。ましてや新規ドメイン取得時にリンクを当てないなら尚更。そんなドメインに対して最初から自分で記事を書けないのは当たり前です。

インデックスされてGoogle順位がつくまでがこのツールの仕事です。

サイトがインデックスされて順位がついたことを確認してから真剣に取り組み始めれば良いでしょう。Googleにインデックスされてから書き換えればいいです。

④「アフィリエイトで取り組むジャンルや収益の分散をしたい」

1年かけて頑張ってサイトを作ってもGアップデート、アルゴリズムで飛ばされてしまえばすべては無駄になります。なのでアフィリエイトをされているなら稼げそうなジャンルはどんどん参入しましょう。

このツールを使うとその参入障壁がものすごく低くなります。

⑤「趣味ブログのような収益を生まない記事を書きたくない」

稼げるジャンルや商品を厳選して参入するのがアフィリエイトの絶対条件ではないでしょうか?

キーワード選定をやってまずはこのツール記事を投入。
その後上位表示できることがわかったら初めて人が書いた記事を入れていく。

この作業工程を繰り返すことにより「上位表示できるか分からないのに記事を頑張って書く」といった無駄な努力をすることなくアフィリエイトにおけるPDCAを最大限に回すことができます。

⑥「新しいサイトに自分で数千文字入れても初動インデックスが悪い」と感じている

これは実体験なのですが

自分で書いた2000文字のコンテンツよりも、
ツールで作った1万文字以上のコンテンツの方が
明らかに早くインデックスされることの方が多いです。

⑦「グーグルSEOは上位表示が全て!なのを身をもって体験している」
今の検索エンジンSEO、「上位表示できたら勝ち」みたいなところがありますよね。

・あなたが1日頑張って書いた記事も
・外注さんに5000円払って納品してもらった記事も
・ツールで2秒で作った記事も

はっきり言ってロボットから見たら違いを理解できないんですよね。

ただ上位表示できるかどうかはGoogleしか分からない

こんなところに、最初から頑張って自分の力や時間やお金を使うわけにはいきません。

だからこのツールでとりあえず初期コンテンツを入れてみて、
「上がれば初めて自分で頑張って取り組む姿勢を見せる」

というステップで良いと思います

⑧「扱いたいキーワードが無数にありすぎて困っている」

検索キーワードに限りはありません。それこそ無数に星の数ほどあるのがキーワードですよね。

ひとつひとつ真面目に書いていてもきりがない。

だからどのキーワードにアクセスが集まるのか?適当な記事を公開してアクセス解析でチェックするべき。アクセスがくるキーワードが分かればそれはあなたの財産です。

また記事作成の手間がいらないので月間ボリュームがほとんどないような

普通のブロガーの人達が絶対に手を出さないキーワード

も、積極的に攻めることができます。(ここだけの話このボリュームゾーンってお宝だらけだったりします)

【最後に】とりあえずサイトを最初にオープンするためのツールです

多くのアフィリエイターがやりがちな失敗が

それが上位表示できるかどうかもわからないのに真面目にサイトをコツコツ作ってしまうこと

ではないでしょうか?

なんの戦略もなくサイトを作ってもそれは

人の来る場所に作ってるのか
無人島に作っているのか

完成させてみるまで分からないですよね。

1年間かけてコツコツ頑張った結果、無人島にお店をオープンしてしまったなんてことになってはシャレにならないです。

「人が来るかどうかは立地条件で決まります」
そしてSEOではこの立地条件に当てはまるのがキーワードになります。

そのキーワードでアクセスが取れるかを判定する為にこの自動記事作成ツールは存在します。

ファーストビューでリンク置いとくだけで売れることもありますが、基本的には上位表示したらコンテンツを差し替える前提のツールです。

行けそうだと思ったらまずはどんどん作成して

人が来る場所は内装工事を行い
人が来ない場所は閉店すればいい

こんな感じで需要の穴を探してどんどんウェブサイトを構築するお手伝いができればと思っています。

無料版だけでもかなりのことができると思うのでぜひ使ってみてください。

すべての機能を解除するにはこちらからパスワードをご購入下さい。
[senthenth]